センター試験の数学で高得点をとるための条件

センター試験の数学に関する捉え方をまとめておきたいと思います。

高得点をとるための8つの条件
  1. 真の基礎力
  2. 速く正確な計算力
  3. 条件を素早く翻訳する能力
  4. 典型的な問題については見た瞬間に反射的に頭が反応し手が動く力
    最短(最善)の解法を選択する能力
  5. センター試験特有のテクニックを身につけている(小技力)
  6. 苦手分野を作らない(総合力)
  7. 時間配分(マネジメント力)

という力があるかどうか試す試験だと思います。

センター数学で確認しておく学びの姿勢

センター試験数学に必要な学びの姿勢
      1. 教科書の精読
      2. 定義の理解と把握
      3. ドリルレベルの演習
      4. 定義の応用と性質や定理(公式)の証明とその導出
      5. 性質や定理の運用(どの場面で威力を発揮するのか)
      6. 新たな性質などを探究する
      7. 多様な視点(柔軟な思考)

このような観点で、自分がどの段階にあるのか確認していきましょう。

センター試験得点別の理解度を確認

60点以下の人 1.基礎・基本を定着させる必要あり

3.きちんと解きこんでいない

4.定番の問題が定着していない

問題の見た目がいままで解いたことのある問題そのままの場合は解けるようにしよう。
60点~80点の人 5.性質や定理は知っているけど、理解していない。

頭の引き出しからいくつかの選択肢が出てこない。

少しアレンジされても対応はできる。

しかし、その対応力が乏しい。

80点以上の人 2.定義をきちんと把握し、理解を深めておく。

6.見た目が変わった問題でも焦らない。

7.速く解くという視点をもっておく。

見た目が変わった問題でも自分の持っている知識で対応できると自信をもって臨むこと。

ある程度のテクニックを使い、時間短縮できるところは速く解くことを心がける

 

COSの合成公式を知らなかったらできないの?!

例えば、1998年本試験の三角関数の問題はできますか?

これをどうしたらよいのか簡単にわかった人は、80点以上を狙える思考力があります。

しかし、この問題を戸惑う人はまだ知識があやふやで、使いこなせていません。

その具体的な解説動画がこちらです。

その動画をみて、この問題が難しいくて、特殊な問題と思いました?

きちんと自分の知識・技能を確認する

➾それらを活用する場面に気づく訓練をする

➾その中から、知的好奇心が高まり、頭の知識が詰まった引き出しをあけていく

という練習をしまくりましょう。

Sponsord Link
おすすめの記事