いまは目の前のセンター試験のために猛勉強だと思います!

12月中旬~1月中旬 おすすめ数学勉強計画

この時期は完全にセンター試験対策でしょう。

東京大学・京都大学を志望の人以外は、徹底的にセンター試験対策をしましょう。

センター試験対策の数学スケジュールは、

1日目 数学ⅠA(60分)+数学ⅡB(60分)+見直し

2日目 数学ⅠA(60分)+(理系)数学Ⅲいままで解いた問題をもう一度

3日目 数学ⅡB(60分)+(理系)数学Ⅲいままで解いた問題をもう一度

です。

1日の中で、数学ⅠA+数学ⅡBを連続して解く日は設定しましょう。

この2時間を解き切る体力は必要ですからね。

また、理系の人は、2日目・3日目に数学Ⅲのいままで解いた問題をもう一度解く時間を作ってもいいですね。

ただし、センター試験重視の人は、とりあえずセンター試験数学を解きまくりましょう。

センター試験が勝負でない大学を受験する人は、数学ⅠAのデータの分析だけは解く訓練を1月に入ったら20分ほどしてくださいね。

センター試験 数学の勉強の仕方

ただし、単純に解いて答え合わせをするだけではいけません。

そこで、おすすめするのが「問題カテゴリー別の見直し」です。

もっと簡単にいうと、大問ごとに直しノート・ルーズリーフを作りましょう。

各問題でどこの分野が出題されるかわかっているのがセンター試験です。

その分野ごとで、自分のできない問題・解法をきちんと整理しておきましょう。

大問ごとにまとめることで、センター試験当日にわからなくなったときに頭から出てきやすくなります。

私立大学への出願の決定

現在は、どこの私立大学に出願するか悩み中だと思います。

いまはインターネットで申し込みができるので非常に簡単に出願できますが。

しかし、それには落とし穴があります。

実は、間違ってクリックして出願すると、受験料を振り込まないといけなくなる!

という非常に単純なことですが、毎年起こっている悲劇です。

ある大学では受験料を最大40万円払った人もいるそうです。

インターネット出願ではきちんと文章を読んで申込みしましょう。

補足 親のために知っておくこと「引っ越し」

いまの段階では早いですが一言付け加えておきます。

合格したらすぐにするべきことが引っ越し。

自宅から通える大学を受験する人は関係ありませんが、

自宅から通えない人は必然的に引っ越しをする必要があります。

得する引っ越し情報を書き込みたいですが、

詳細はまた後日にしますが、下のような一括サイトがあります。

合格したらすぐに引っ越しする準備に取り掛かってくださいね。

みなさんが思っているよりも、引っ越しは大変ですよ。



 

Sponsord Link
おすすめの記事