海外転勤 自動車の購入について

海外は日本より広すぎる!

ということで、自動車購入が必須となりました。

中古車購入について

ここで、中古車購入するための方法をまとめます。

  1. 個人での売買
  2. 中古車販売店
  3. 正規ディーラー

1.個人での売買について

インターネットのサイトで探すことができます。

carsales.com.augumtree.com.auなどのサイトがあり、Privateと書かれているのは個人で売っている車です。

ネットであらかたの情報を確認し、中古車販売店よりも割安で買えることがメリット。

デメリットは

  • 申告している内容が本当かどうかはわからないこと
  • 整備されていないまま販売している可能性があること
  • 販売者との時間調整が難しいこと
  • 手続きに時間がかかりすぎる場合があること

など。

2.中古車販売店

ネットでも調べることができます。

あらかじめ確認してから行くのがよいでしょう。

ネットに出ていない車も置いていることも多いので、足を運んでみると掘り出し物があることも。

 Happyさんの実体験談
今回予算を3000ドルに設定していましたが、4000ドルまで上げました。
日本の感覚で自動車を変えないですね。
オーストラリアでは古くてボロボロな車でも走っています。
3000ドルだと2000年より新しいものは難しい…。(現在2019年です)
しかも、走行距離は基本的に20万キロを超えます。

4000ドルでも年式は2002~3年、走行距離10万キロという感じ。

日本車は高いです。(上記の予算では1990年代は普通。壊れにくいというということで、値段設定がほかの車に対して高めです)

ちなみに、ホールデンというメーカーはオーストラリアの国産なので、割安で種類も多いです。

  • 購入車 $4100-

2007年式 HOLDEN VIVA

109,689km

Registration (登録料)3か月

Warranty (保障)3か月

4500で販売していたものを、現金購入にすることで$4000に下げてもらって購入。

オーストラリアでは登録料が必要で、3か月の登録料を$100でつけてもらいトータル$4100で購入しました。

今回、私は1年後に帰国する(予定)ですので、車を手放す際、今回購入した販売店に売ることでも話をつけました。

窓がスムーズに空かない不具合はありますが、その他おおむね良好に動いています。

  • 任意保険

RAAで任意保険の手続きを、販売店でしてもらいました。Certificate of insurance 1年間$268で契約しました。

Sponsord Link
おすすめの記事